先日の「ためしてガッテン!」で、疲労について取り上げていました。
世紀の大発見!頑固な疲れの原因“物質F”

疲労が蓄積すると、HHV6(ヒューマン(ヒト)ヘルペスウイルス)というウイルスが、だ液の中に増えることが最近の研究でわかってきたそうです。
さらに、疲労の原因と考えられる物質-FFというたんぱく質-がみつかったそうで、これらにより疲労を指標化して測定することができるようになってきました。

で、いろいろと実験して測定してみたところ、
・疲労回復には睡眠が最も効果的
・血行をよくするとFFは下がると考えられる
・入浴や体操は血行を良くするが、運動や風呂による負荷によって疲労は増える。
入浴後よく眠れるなら疲労回復につながるが、その後も仕事をするような状況なら逆効果にもなる

というようなことがわかってきたそうです。

これらのことに疲労回復によいと言われている酸素カプセルを照らしてみるとどうでしょう?
●酸素カプセルは通常より高い気圧の働きで血行がよくなる
●安静に横たわっているだけなので負荷がないから疲労は増えない(と思われる)
と考えられ、疲労回復にはスグレたものと言えるのではないでしょうか?

目を開けているだけでも脳は画像処理をして働いているそうですから、疲労回復に重点を置くならば、酸素カプセルの中では目を閉じて静かにしているのがより良いでしょう。

* 酸素カプセルは疲労回復や美肌・リラクゼーションにおすすめです。
予約・問合せ 048-834-7477
浦和のカイロプラクティック・アゼガミ治療室
酸素カプセル 10:00~21:00(土曜 ~19:00)
日・月、祝 休

→酸素カプセル初回クーポンはこちら!

この記事のタグ ≫